結果の測定

  • 複数キャンペーンの一括作成・管理
  • Twitterアナリティクス
  • オーディエンスインサイト

大量のキャンペーンを一度に作成、編集、最適化してさらなる運用効率化を。

Twitter広告エディターを使えば、大規模なキャンペーンの管理にも、さほど時間はかかりません。Twitter広告エディターと広告グループを使うと、ごく簡単な操作で複数のキャンペーンを同時にプラン、作成、最適化、効果測定することができます。

戦略上、複数のキャンペーンを使い分ける時、同時に異なるキャンペーン設定を行うことができると便利です。イベント、トレンド、年末商戦などに合わせた、複数キャンペーンの設定も簡単に行うことができます。パフォーマンス向上のためにターゲティングやクリエイティブのテストを行う際に、複数キャンペーンの設定を行う時にもより短時間で終えることができるので、テストを開始するタイミングも早められるので結果を得るまでの時間を短縮できます。また、Twitter広告エディターには最適化の機能も充実しており、ごく簡単な操作でキャンペーン設定を変更できます。変更するキャンペーンのスプレッドシートをダウンロードし、Excelで変更して、更新したスプレッドシートをアップロードするだけです。変更はすぐに反映されます。

Twitterの全体的なキャンペーン構造は効率重視で設計されています。広告エディターと広告グループを使用して、各キャンペーンの設定をまとめて管理できます。

「大量のキャンペーンの更新や最適化を毎日行っている私どもにとって、Twitter広告エディターはとても便利で、時間の節約にもなっています」

ジョバンニ・サラザーニ(@juststamina)氏(Starcom Mediavest Group社、プレシジョンマーケティング、入札アソシエートディレクター)

キャンペーン運用効率化のためのツール

Twitter広告エディター

規模が大きいキャンペーン、あるいは多数のキャンペーンの管理と最適化が必要な広告主、広告代理店の皆さまに向けたツールです。

広告グループ

ターゲティング、入札金額、クリエイティブからなる広告グループを作成し、パフォーマンスを見ながら、広告費用や期間、ターゲットセグメントなどを最適化できます。

広告キャンペーンの効果測定から、ターゲティング、クリエイティブ、入札額などの最適化を行いましょう。

あなたがブランドイメージの構築や商品・サービスの改良に取り組む際、あらゆる言葉、画像、動画、フォロワーがその成功に関わってきます。Twitterアナリティクスを使えば、あなたがTwitterで共有した内容にオーディエンスがどのように反応しているか、それらがあなたのビジネスにどう影響しているかが見えてきます。

ツイートアクティビティ管理画面では、あなたのアカウントからの個々のツイートについて統計データを確認できます。Twitter利用者があなたの各ツイートに対する既読、リツイート、いいね、返信の回数をひと目で確認できます。オーディエンスの反応が良かったツイートを把握できれば、勝ちパターンを見出してその要素を次のツイートに活かすことができます。また、こうした分析結果はあなたのTwitterアカウントのツイート配信計画を立てる上で役に立つはずです。

プロモツイートのパフォーマンス詳細を確認する場合は、キャンペーン管理画面へアクセスします。ブランド認知度の向上、ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン、モバイルアプリのインストール数やアプリの起動回数など、広告の目的に合わせてキャンペーンのパフォーマンスデータが表示・更新されます。

「Twitterアナリティクスのホーム画面で効果測定の結果が確認できるので、オーディエンスの反響に基づく、オーガニックおよび広告クリエイティブの制作ができます。」

マーク・マックナイト(@markmcknight)氏(RockCreek社、Eコマース・マーケティングディレクター)

広告キャンペーンの効果測定に使えるアナリティクスツール

ツイートアクティビティ管理画面

Twitterでのパフォーマンスの最適化に役立つツイートデータが表示されます。この分析データは、オーガニックツイートや広告ツイート、コンテンツに関するクリエイティブ制作の方針の判断材料として活用することができます。

キャンペーン管理画面

キャンペーンの一覧と、インプレッションやエンゲージメントなどのレポートデータを確認できます。さまざまな切り口で効果を測定し、費用とコンテンツ戦略の最適化に活かせます。

あなたのフォロワーの特徴をデータで確認しましょう。

Twitterのオーディエンスは、情報感度が高く、積極的で影響力があり、様々なことに興味を持っています。オーディエンスの興味関心、属性、パソコンやスマートフォンのOS、フォローしているブランドなどでターゲティングを行うことで、ブランドメッセージなどのコンテンツをより高い精度で適切な相手に届けられます。結果として、広告キャンペーンの効果を高めたり、広告の配信を最適なタイミングで行なったりできます。

広告マネージャーのアナリティクスタブからアクセスできる、Twitterオーディエンスインサイト管理画面では、一般的なTwitterオーディエンス、フォロワーやツイートに反応してくれる人々についての有益な情報を得られます。今後のキャンペーンの対象となる新しいオーディエンスも見つけられることでしょう。この管理画面では、利用者の属性、興味関心、ライフスタイル、購買行動についての総合的な情報も表示されます。情報源は利用者提供のデータ、アプリ提供のデータ、Twitterの内部モデル、パートナー企業によって生成されたデータなどです。

多様なオーディエンスに合わせて、広告も複数パターン用意されてしかるべきです。

「オーディエンスインサイトから得られるデータのおかげで、クライアントにメディア戦略、それに応じたコンテンツ戦略を理解してもらいやすくなり、特に他社との競争が激しい重要な時期には助かっています。広告代理店は、競合の多いアクティビティ、ブランドとTwitter利用者のコミュニケーションなどをデータをリアルタイムに把握できるので、新規戦略の提案や実行プランの修正など即時提案することでき、良い成果に繋げることができます。」

クリスティーン・ヒッキー(‎@clhickey)氏(Performics社、メディアディレクター)

フォロワーなどTwitterオーディエンス情報を把握できるツール

オーディエンスインサイト

自社アカウントのフォロワーの増加を時系列で確認したり、傾向をリアルタイムで確認することができます。オーディエンスの属性情報、興味関心、ライフスタイル、購買行動について分析結果が表示されます。広告マネージャーのアナリティクスタブからアクセスできます。

関連性のあるコンテンツ