エンゲージメントの創出

  • Twitter広告クリエイティブの種類
  • Twitter広告ターゲティングの種類
  • リーチを拡大する

ブランドストーリーを伝えるのに適した、リッチなクリエイティブフォーマットが豊富に用意されています。

ブランドや企業がオーディエンスとのつながりを確立しにくい時代になりました。感情や興味関心の一番強いポイントをつかみ、瞬時に引き込まなければ、お客様の心っという間に別の物事へ移ってしまいます。

そこで効果を発揮するのが、Twitter広告クリエイティブです。動画広告などを駆使して、御社の魅力を余すところなく伝え、オーディエンスとのつながりとエンゲージメントを生み出すことができます。

中でも動画広告はクリエイティブフォーマットとして有用です。プロモビデオを使えば、利用者が情報を探しているTwitterタイムライン上で、御社ブランドの認知度を高める目的で動画を配信したり、利用者のアクションを促すためのフックとして動画を配信するなど目的に応じた利用が可能です。

また、インストリーム動画広告をご利用いただくことで、数百社の動画パブリッシャーが配信する世界最高水準のコンテンツの冒頭に、プレロール動画広告を配信できます。

さらに、ワールドカップやオリンピックなど、利用者の会話が起きる大型イベントの期間中にインストリーム動画スポンサーシップを活用すれば、情報を求めて集まる、あるいは会話に参加するTwitterの利用者にリーチして、ブランドのメッセージに触れてもらうきっかけを作ることができます。

利用者のエンゲージメントを高めるTwitter広告クリエイティブフォーマット

プロモビデオ

流れの早いTwitterタイムラインの中で、利用者の注目を集めるのに有効な、ネイティブ動画広告クリエイティブフォーマットです。

インストリーム動画広告

動画パブリッシャーが配信する、ブランドセーフな動画コンテンツの冒頭にプレロール型の広告を挿入できます。

インストリーム動画スポンサーシップ

動画パブリッシャーが作成した、質の高い動画コンテンツのスポンサーとなることで、利用者が視聴したい動画コンテンツと挿入する動画広告をより一体感のある動画コンテンツとして利用者に視聴してもらうことができます。

ブランドオリジナルの絵文字

自社ブランドを個性的に演出し、会話での存在感を高めます。特定のハッシュタグに、ユニークな絵文字を表示します。

カンバセーショナルカード

動画や画像と、ハッシュタグを含んだ選択肢としてのコールトゥアクション(CTA)ボタンを複数設けられるクリエイティブフォーマットです。選択肢を回答しエンゲージした利用者がそのフォロワーに情報をさらに拡散する効果を期待できます。

GIF画像と静止画像

ユーモアのあるGIF画像をツイートやダイレクトメッセージに入れ込むことで、利用者のブランドエンゲージメントを高めることが期待できます。

ライブ放送

大きな発表会、スポンサーイベントなど、重要な出来事をリアルタイムで伝え、オーディエンスとの距離を縮めることができます。

目的に応じてターゲットを定めることで、的確にメッセージを届けることができます。

利用者は、世界中で起きている出来事をキャッチして、それにまつわる会話へリアルタイムに参加する場としてTwitterを利用しています。億単位の利用者が毎日5億件を超えるツイートを送信しており、日常生活、必要なもの、ほしいもの、今何をしているかなどについて、絶え間ない会話が交わされています。すべてのツイートは利用者の行動シグナルとなり、利用者個人にまつわる出来事、興味関心、日常生活で何をしているか、何を求めているかを示しています。

人の行動はパターン化しています。空腹なときには、空腹であることを人に伝えます。家族ができたとき、家を購入したときなど新しいライフステージに入るとそれを伝えようとします。人々がフォローしているアカウント、反応したツイートからは、ビジネスやファッションなど、その人の興味関心について豊富な情報が得られます。

広告主としては、適切なセグメントの利用者にリーチすることが求められます。つまり、御社ブランドのファンで、御社のメッセージを受け入れやすい人々のことです。Twitterでターゲティングすることで、利用者がツイートで表現した興味関心に基づいて適切にリーチできるため、利用者に最適な時間と場所でオーディエンスと接点を持つことができます。

Twitter広告ターゲティングの種類

年齢または性別ターゲティング

年齢または性別に基づいてオーディエンスにリーチします。

フォロワーターゲティング

特定アカウントをフォローしている利用者および似た利用者にリーチできます。

興味関心ターゲティング

300以上のカテゴリーリストから利用者の興味関心を選択してオーディエンスをターゲットできます。

テイラードオーディエンス

自社ウェブサイトを訪れた利用者のリストやCRMデータを使って、ターゲットオーディエンスを指定します。一部のオーディエンスパートナーから提供されるターゲティンググループのデータを読み込むこともできます。

映画とテレビ番組ターゲティング

リストから指定した映画・TV番組に関するツイートをしている利用者と、そのツイートを見ている利用者にリーチすることができます。

イベントターゲティング

リストから指定したイベントに関連するツイートをしている利用者と、そのツイートを見ている利用者にリーチすることができます。

会話トピックターゲティング

Twitter利用者が関心のある会話トピックを指定のリストから選択してターゲティング設定をすることができます。

情報感度が高く、価値を見出した情報を会話に繋げてくれるTwitter利用者へのリーチを最大化しましょう。

新商品の発売、アプリのダウンロード促進、キャンペーンのローンチ、ブランドストーリーの紹介など、どのような目的であれ、マーケティング担当者の仕事は、世の中に溢れる情報の中で、自ら発信したい情報をターゲットとする人々の元へ届け、その認知度を高めることから始まります。

Twitterでは、認知拡大のためのソリューションとして、ファーストビューとプロモトレンドという1日1社買い切り型の広告商品をご用意しております。利用者のその日の最初のアクセス時に動画広告を織り込む、あるいはトレンドトピックの上部にプロモーションしたいトレンドを掲載することで露出機会を最大化し、重要なタイミングでターゲットとするオーディエンスとつながることができます。

利用者へのリーチを最大化するためのTwitter広告ソリューション

プロモトレンド

トレンドトピック上部にプロモーションしたいトレンドを掲載できる広告ソリューションです。1日1社買い切り型の広告商品で、新元号「令和」の発表など、重要な出来事があり、それにまつわる会話がTwitter上で広がるタイミングで、その出来事や会話とつながるきっかけを作ります。

ファーストビュー

利用者がその日最初にTwitterへアクセスした時に、タイムラインに表示される広告ツイートがファーストビューです。プロモトレンド同様に、1日1社買い切り型の広告商品で、特定のタイミングでのリーチ拡大を目的に利用できます。新商品やサービスのローンチ時の認知度向上に利用されるだけでなく、パフォーマンス重視のキャンペーンを運用する際にも新たな潜在顧客を発見する手段としても利用されています。

関連性のあるコンテンツ

Twitterからの最新マーケティングインサイト

メールにていち早くお届けします。