リサーチ

連載: 「スピード・量・質」の三拍子がそろったTwitterで、利用者へのリーチを最大化しよう - 第2回

新商品の発売、新しいサービスやキャンペーンのローンチ、リリースしたアプリのダウンロード促進、その日限りのタイムセールの告知など、自社に関する様々な情報をマーケターの多くはどこよりも早く発信し、より購買見込みの高い人に、1人でも多く届けたいと思っているのではないでしょうか。顧客へのリーチを最大化するには、接触するメディアが「スピード・量・質」の三拍子そろっていることが重要です。この連載では、「Twitterにおけるリーチ」に焦点を当て、スピード・量・質それぞれの側面からTwitterが持つリーチの強みについて、各種調査や事例とともにご紹介します。

第1回: Twitterのリーチスピードは最速

第2回: マスメディア級のリーチが得られるTwitter

第3回: Twitterで、効率的かつ効果的にリーチを狙う
 

連載第2回目は、リーチの「量」に焦点を当て、Twitterで得られるリーチの背景にあるものと、リーチを最大化させるためのソリューションについてご紹介します。

TwitterのmDAUは前年比3割増
その背景にあるものは?

2020年7月23日に発表した同年第2四半期決算で、TwitterのmDAU(収益化可能な1日あたりのアクティブユーザー)が全世界で1億8600万人だったことを報告しました。世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、Twitterが持つリアルタイム性やフォロワー同士のつながりを求めて多くの消費者にご利用いただいたことから、mDAUは前年同期に比べて34%増え、四半期の伸びとしては過去最高となりました。

Twitter マーケティング リサーチ結果

他のメディアと比較するとどうでしょうか。

Twitterは、コロナ禍で最も利用頻度が増えたプラットフォームとなり*、目まぐるしく移り変わる社会の変化がいち早く分かる場所として日々多くの利用者が訪れているのです。

Twitter マーケティング リサーチ結果

*Source | Macromill 2020年5月 スマートフォン利用者対象 18歳~59歳

マスメディア級のリーチが得られるTwitterを最大限に生かした広告ソリューション: プロモトレンドスポットライト/Twitterライブ配信

Twitterでは、リーチの最大化をサポートするための広告ソリューションを複数ご用意しています。

一つは、多くの利用者が「今起きていること」を知るために訪れる  [話題を検索]  タブの一等地に、臨場感のあるフルサイズの動画広告を掲載できる「プロモトレンドスポットライト」という全リーチ型の広告ソリューションです。従来のプロモトレンドの拡張機能としてご利用可能なプロモトレンドスポットライトは、ブランドが選び抜いた質の高いコンテンツと#ハッシュタグを組み合わせることでブランドに関する会話が自然とTwitter上に広がり、ブランドメッセージを効果的にアピールすることができます。

ワーナー ブラザース ジャパンは、大ヒット映画「ジョーカー」の上映開始日に合わせてプロモトレンドスポットライトで予告動画を配信したところ、ツイート量が急増。「ジョーカー」に関するツイートを含めた拡散インプレッション(表示回数)は、広告単体のインプレッションに比べ約1.5倍に達しました。

映画「ジョーカー」の事例について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Twitter マーケティング リサーチ結果

二つ目のソリューションは、Twitter上でのライブ配信です。ライブ放送中に関連ツイートを表示できるイベントページ型のライブ配信を活用すると、全国に向けてライブ配信ができるほか、Twitter上でオーディエンスとリアルタイムのやり取りが可能となり、利用者同士の会話を最大限に高めることができます。

関連ツイートを表示できるイベントページ型のライブ配信

楽天モバイルは、Twitterのライブ配信を通じて新たな携帯キャリアサービスを発表。国内歴代1位となる1000万人を超える視聴者数を記録し、大きな反響を呼びました。さらに、ライブ当日の事前、事後におけるティザー広告の展開やアーカイブ動画の配信など、利用者の会話を促す施策をTwitter上で実施したことで、より多くのエンゲージメント獲得に成功しました。

Twitterアーカイブ動画配信

このように、Twitterは単に広告でリーチの量が稼げるだけでなく、広告が起爆剤となり、他の利用者を巻き込んだ会話が生まれることでマスメディア級のリーチを得ることができるユニークなプラットフォームなのです。


プロモトレンドスポットライトおよびTwitterライブ配信のご利用に関する詳細は、弊社営業担当にお問い合わせください。


連載第3回目は、Twitterを活用して効率的かつ効果的にリーチを狙うためのヒントについて詳しくご紹介します。

September 15, 2020
タグ
  • 調査
  • リーチを拡大
  • 日本

関連するコンテンツ