Twitter活用事例

がスポンサーとなるライブイベントを盛り上げるためにPeriscopeを活用

主な結果

チャレンジ

電話事業者であるMetroPCS()は全米総合格闘技大会のアルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)において無線アクセスを提供する公式スポンサーです。同社にとってTwitterはUFCとの提携強化に不可欠のチャネルです。は目玉となる格闘家、ロンダ・ラウジー()の試合に対してTwitter上で熱心なUFCファンのエンゲージメントを促すために、ロンダの日常に密着した独占取材を行いました。

戦略

Twitterの動画ライブ放送アプリ、Periscopeを使うことで、リアルタイムの限定コンテンツを提供してお客様のエンゲージメントを促すことができます。はPeriscopeを用いて、オーストラリアでの大会準備、写真撮影、大会への公式登録を行うロンダの様子をUFCファン向けにノーカットで配信しました。

定期的な投稿でコンテンツを更新し続けることで、によるPeriscopeアカウントの認知度を高めました。大会当日、UFCファンとのフォロワーは、八角形リングに向かって歩くロンダの肩越しで撮られた動画をリアルタイムで見ることもできました。

Periscopeで事前にファンを獲得しましょう。

は、利用者をウェブサイトに誘導するTwitter広告フォーマットのウェブサイトカードを使って、TwitterのUFCコミュ二ティーで確実にPeriscopeのライブ放送が認知されるようにしました。ファンは のランディングページからPeriscopeの設定、カレンダー予定の作成、テキストアラート登録、MetroのPeriscopeチャンネルの視聴ができました。

大会が近づくと、はプロモツイートでリーチを広げてTwitterのオーディエンスを増やしました。

ライブ放送のタイミングを探りましょう。

最後まで人々の関心を引き続けるようにしましょう。大会前から、は3本のPeriscopeティーザーをライブ放送し、ファンのエンゲージメントを維持しました。

「大会開催の週はもちろん大会前にもファンと対話をしたいと考えており、Twitterはそれを実現するのに最適の手段でした。Twitterを使うことでUFCに関する会話をリアルタイムで特定し、熱心なUFCファンのエンゲージメントを促すような内容を配信できました」と、Lagardère Sports and Entertainmentシニアマネージャーのアダム・ゴッツ氏は語ります。

Twitter全体にキャンペーン効果を広げましょう。

は主要な提携関係を通じてオーディエンスへのリーチを拡大しました。キャンペーン効果を増幅させるため、UFCに とタグ付けした投稿をリツイートするよう依頼し、ブランドと提携しているUFCの格闘家たちにも協力を呼びかけました。また、はUFC関連サイトでイベントをプロモーションし、大会開催の週はUFCの埋め込み動画シリーズに を組み入れました。

キャンペーン全体の成功のまとめ

によって、は過去のUFCによるTwitterキャンペーンと比べて2.3倍のクリック率を達成し、新記録を打ち立てました。トータルでは、4万600件のエンゲージメントを獲得し、340万人にリーチしました。はキャンペーンのおかげで1万2,000人以上の新規Periscopeフォロワーを獲得しました。

チーム

Optimedia()は消費者動向の分析とブランド提案によりコミュニケーションソリューションを策定する総合メディア代理店です。

Lagardère Sports()はスポーツやエンターテインメントの分野でグローバルにスポンサー契約に関するコンサルティングを行う代理店です。

Twitterを使うことによって、企業はイベントについて会話をしているファンとリアルタイムでやり取りができます。また、多方面から人々を呼び寄せ、オーディエンスと個人的な関係を築けるというのも、他のプラットフォームにはない特徴です。

ローレン・マッキャン()氏(MetroPCS、ブランドマーケティングマネージャー)

活用したソリューション

クリエイティブキャンバス

Twitterでは毎日、多くの企業がクリエイティブに利用者と交流しています。ぜひ貴社も参加しましょう。

詳細 Arrow Right Icon

オーディエンスのターゲティング

適切な相手に貴社のメッセージを伝えましょう。Twitterのターゲティング機能を使えば実現できます。

詳細 Arrow Right Icon