Twitter活用事例

キャラクターを活用したクリエイティブとカスタムオーディエンスによって、費用対効果を最大化

主な成果

背景

北の達人コーポレーション  では、レスポンス(顧客獲得)よりもコミュニティーの醸成が中心となっていたため、大手Web広告の集客効率や集客力と比較して、ソーシャルメディアマーケティングの役割に課題がありました。
また、タレントプロモーションに本格的に着手できておらず、Twitterの拡散性という特長をつかんだイメージキャラクターの十分な活用ができていませんでした。

戦略

そこで  は、より顧客獲得に軸足を移したTwitterの活用を目指し、2つの施策を展開しました。

  • 費用対効果の高いターゲティング機能「カスタムオーディエンス」を活用し、自社サイトへ訪問したことのあるユーザーのみを配信対象にしたリターゲティングを実施しました。
  • 北の快適工房のイメージキャラクターによるツイートをクリエイティブとして採用し、美容に関心の高いユーザーに向けて広く配信しました。

上記2つの施策の結果、非常に高いエンゲージメント率を獲得できたほか、拡散および広告単価の点で非常に優れた結果を残すことができました。また、カスタムオーディエンスによって、購買意向の高いユーザーを効率的に獲得することもできました。

また、Twitterの細かな国別ターゲティングを活用し、アジア諸国への進出を図るため、海外に向けてもプロモツイートを配信しました。

成功のための3つのポイント

1. 的確なターゲティング

読者モデルなど、ターゲットユーザー世代にフォロワーの多いインフルエンサーのハンドルや、美容に関連するキーワードをターゲティングし、的確なターゲティングを行いました。

2. Twitter上で影響力のあるタレントの活用

Twitterで多くのフォロワーを獲得し、影響力をもつタレントの拡散力を活用することで、商品の魅力をより広めることに成功しました。

3. テイラードオーディエンスの活用

購入意向の高いユーザーのみに配信対象を絞り込むことで、費用対効果の高い広告実施が可能になりました。

キャンペーン全体の成功のまとめ

Twitterユーザーの高い関心事項である、芸能人の声や美容や健康というテーマをうまく重ねたことで、拡散性の高いキャンペーンを実現しました。 具体的には、Twitter広告からの購入者が530倍増加しています。また費用対効果が改善したことで、Twitterへの投資額が97倍も増加しました。さらに、短期間のキャンペーン中に、ツイートインプレッションが1億3,000万回、エンゲージメントが2,400万回を超える結果になりました。

Twitterの特長をうまく活かすことで、プロモーション効果が大きく改善することを体現し、同時に、Twitterがブランドの認知向上だけでなくダイレクトレスポンスの面でも効果的であることを実証できました。

Twitter Japan社と運用広告代理店、芸能事務所と連携しつつスピーディーに施策を進めることができたのは、当社にとって最先端の広告知識・運表方法をノウハウとして蓄積できたほか、日本におけるSNS×DRの事例先行者として体現する事ができた貴重な経験となりました。

式会社北の達人コーポレーション セールスマーケティング部 課長 安倍晴日氏

活用したソリューション

オーディエンスのターゲティング

適切な相手に貴社のメッセージを伝えましょう。Twitterのターゲティング機能を使えば実現できます。

詳細 Arrow Right Icon

ウェブサイト訪問数とコンバージョン

モバイル時代の課題に対応し、各種のプラットフォームでコンバージョンを向上させます。

詳細 Arrow Right Icon