Twitter活用事例

コカコーラ、インストリーム動画広告を活用し、クリスマス広告の認知度を拡大

主な結果

チャレンジ

Coca-Cola España()にとって、クリスマスはブランドバリューを利用者に伝えるための格好の恒例イベントです。今年同社は、世界的に見ても度が高いとされるスペインの国民性を踏まえ、ハッシュタグ (もっと触れあおう)キャンペーンを展開しました。それは、国民に共通のあらゆることを思い出させてくれるものでした。

戦略

は、クリスマス広告の認知を高め、消費者にリーチするための確実な手段として、最先端の動画フォーマットの活用を考えました。そして、そのための理想的なプラットフォームとしてTwitterを選びました。この動画フォーマットが、Twitterのパブリッシャーが配信する良質なコンテンツと連携していたためです。

ブランドのパワーを極限まで高める。

今そこにあるコンテンツからブランドを連想させ、リアルタイムでオーディエンスに訴求するTwitterでキャンペーンを展開したは、クリスマスシーズンという限られた期間で、訴求性が高く、ブランド受容力が特に高いオーディエンスにリーチすることに成功しました。

自社の独創性を表現する。

中でも、がTwitterを通じてブランドの価値観を伝えるため、スペイン語圏の人々の心に訴えるナレーション作りを第一に考えた広告の訴求力は絶大でした。

コンテンツ本編とブランドとを関連づける。

が閲覧者の誰もが共感するコンテンツで自社広告を展開できたのも、Twitterのパートナーシップ部門が時間と労力を投じてインストリーム動画広告コンテンツを制作するパートナーを選定しているからです。

キャンペーンの成果

スペインでいち早くインストリーム動画広告を採用したは、Twitterの良質なパブリッシャーが制作した幅広い視聴者層に向けた動画で訴求力の高い広告を展開し、300万再生を達成しました。

ハッシュタグ (もっと触れあおう)キャンペーンを展開したは、スペイン語圏の人々の心に訴えかけるナレーション作りに力を入れました。この広告はクリスマスシーズン中、多くの共感を呼びました。ブランドの価値をオーディエンスに伝え、さらに利用者へのエンゲージメントも創出し、動画再生率は53%に達しました。

Carat社とコカコーラは常に斬新なフォーマットを追及しており、Twitterのインストリーム動画広告で、オーディエンスは 広告と関連性の高いコンテンツ本編からクライアントのブランドを想起すると同時に、ブランドに対する関心が呼び覚まされます

アナ・イザベル・ガルシア、Carat社、デジタル・マネージャー(

活用したソリューション

リーチを拡大

あらゆる場所でツイートは生まれています。Twitterなら、大規模かつグローバルなリーチをリアルタイムで活用でき、貴社のビジネスチャンスも広がります。

詳細 Arrow Right Icon

Twitterでブランドの存在感を高める

貴社のブランドでは何を扱っていますか。貴社のメッセージはどのようなものでしょうか。その答えをブランド作りに活かすことで、エンゲージメント獲得につながります。

詳細 Arrow Right Icon