Twitter活用事例

リアルタイムのコンテンツ配信により音楽ファンにリーチしてブランド認知を高めるCoca-Cola Mexico

主な結果

チャレンジ

Coca-Cola México@CocaColaMX)は、メキシコで人気の音楽祭、Vive Latinoのスポンサーを務めることを広く告知し、音楽祭に出席する2万人以上の人々の間でブランド認知を高めるためにTwitterを使いたいと考えていました。@CocaColaMXwww.coca-cola.tvで配信するイベントのライブストリーミング視聴を増やすことで、会話を盛り上げて同社のオンラインコミュニティ拡大につなげることができました。

戦略

@CocaColaMXはプロモツイートにキーワードターゲティングを組み合わせて、イベントに興味関心を持ちそうな利用者の会話を促しました。音楽祭当日、イベントのライブストリーミングを多くの人に知ってもらうために、@CocaColaMX#ViveCocaTV(Coca-Cola MéxicoによるVive Latinoのテレビ放映)というハッシュタグでプロモトレンドを活用し、また、イベントの最高の瞬間をリアルタイムで編集、共有できるSnappyTVやVine動画をプロモツイートと組み合わせて配信したことは中南米のブランドとしては初めての試みでした。

適切なターゲティングでオーディエンスにリーチしましょう。

@CocaColaMXはプロモツイートを使って話題の拡散を生み、音楽祭のファンの会話を盛り上げました。同ブランドは@MolotovBanda@garbageといった特定のバンドのファンが反応するようなキーワードによるターゲティングに加え、オルタナティブロック、パンクロック、ポップスなど、音楽ジャンルに関する興味関心で利用者をターゲティングすることも行いました。

オーディエンスの注目を引き続けるよう工夫しましょう。

音楽祭の最中だけでなく開催前後にもオーディエンスの注目が集まって会話が生まれるように、同ブランドはハッシュタグ #ViveCocaTV でプロモトレンドを活用し、970万ものインプレッション数を獲得できました。

また、@CocaColaMXは重要な場面でVine動画付きプロモツイートを配信し、人々の期待を高めて会話を盛り上げることでイベントのライブストリーミング視聴を増やしました。

新しいツールの活用でエンゲージメントを促しましょう。

イベントの瞬間をとらえて動画のクリッピングや編集、共有が素早くできるSnappyTVを使ったのは、中南米の企業では@CocaColaMXが初めてでした。イベントの様子を切り取った高品質動画の配信を通じて、オーディエンスも同じようにイベントの熱狂を体験しました。このようにして同ブランドは新しい方法でフォロワーとつながり、多くの人々から貴重なエンゲージメントを獲得できました。プロモビデオの最高インプレッション数は12万3,000を超え、100万回の再生を達成しました。

キャンペーン全体の成功のまとめ

キャンペーンの結果、インプレッションは314万件、利用者の反応は5万9,600件、0.30米ドル(約30円)のコストパーエンゲージメント(CPE)となりました。#ViveColaTV のプロモトレンドのインプレッション数は970万を超えて、約1万7,000回使われました。@CocaColaMXには1万人を超える新しいフォロワーが集まり、4,818件のツイートがありました。SnappyTVを使ったプロモツイートはインプレッション数が12万3,000、再生数が100万を達成し、コストパービュー(CPV)では0.37米ドル(約37円)を記録しました。

オーディエンスのエンゲージメントを獲得するための新戦略を練る際、これまでのTwitterの利用経験が役立ちました。Vive Latino音楽祭では、何か新しいことに挑戦したいと考えていました。それがSnappyTVです。優れた分析機能により、リアルタイムのコンテンツを配信しながらオーディエンスの反応を確認できたため、イベント時に競合他社よりも優位に立つことができました。

グスタボ・オルテガ(@pegueritos)氏(Coca-Cola Mexico社、インタラクティブ&メディアマネージャー)

活用したソリューション

Solution Page Title

Solution Page Description

詳細 Arrow Right Icon

Solution Page Title

Solution Page Description

詳細 Arrow Right Icon