Twitter活用事例

アディダス、サッカースパイク「PREDATOR(プレデター)」モデルのリニューアルに際し、Twitterインストリーム動画広告を採用

主な結果

チャレンジ

アディダスを象徴するサッカースパイク、プレデターを競技用から普段使いのアイテムへとイメージ転換するにあたり、Adidas España()は、サッカーに関心があるオーディエンスを発掘し、プレデターの感動的なキャンペーンメッセージを伝えるにはTwitterが最高のパートナーだと考えました。

戦略

このチャレンジを達成するため、アディダスはTwitterで展開できるプロモビデオのあらゆる可能性を模索しました。配信当日は「ファーストビュー」でアピールし、認知を獲得しました。次に、プレミアムコンテンツのスポーツ番組が始まる前にインストリーム動画広告で広告を配信し、ターゲットオーディエンスのセグメンテーションを行いました。最終的にはビデオウェブサイトカード経由で視聴者をウェブサイトに誘致し、詳細情報や商品購入へと結びつけました。

ファーストビューでブランド認知を最大限まで高める。

adidas_ESはファーストビューで印象的な動画をリリースし、過去最高のカバレッジを達成しました。この動画広告は、その日最初の広告としての効果を狙いどおり発揮し、オーディエンスの感受性が最も高まり注目を集めやすい瞬間にユーザーにリーチすることで、配信初日から24時間でTwitterオーディエンス全体にインパクトを与えることに成功しました。

コンテンツ本編とブランドとを関連づける。

インストリーム動画広告によりはターゲットとなるオーディエンスのセグメンテーションを行いながら、スポーツのプレミアムコンテンツや関連情報動画の配信と同時に自社ブランドの印象的な広告を紹介しました。

利用者の行動を誘発させる。

は、メインの競技コンテンツを楽しむ視聴者をビデオウェブサイトカード経由でアディダスのウェブサイトに誘導し、そのウェブサイトでサッカーのスパイクを買えるようにしました。キャンペーンの立ち上げ当初から商品に興味を抱いていた利用者に、プレデターブランドの情報が伝わりました。

キャンペーンの成果

はTwitterのインストリーム動画広告をいち早く採用した広告主です。Twitterの動画広告ソリューションのメリットを活かし、別形式での広告でもキャンペーンの目標を一貫した形で展開しました。

ブランドの認知度は広告配信初日から急上昇し、キャンペーン中盤には元々商品に関心のあったオーディエンスをターゲティングしてカバレッジを増やし、終盤にはマーケティングファネルの最終目標である、利用者をウェブサイトに誘導するトラフィックの構築に成功しました。 

アディダスは常に斬新な広告フォーマットを追及しており、Twitterのインストリーム動画広告で、オーディエンスは広告と関連性の高いコンテンツ本編からクライアントのブランドを想起すると同時に、ブランドに対する関心が呼び覚まされます。

ベアトリス・フェルナンデス、Carat社()アカウントディレクター

活用したソリューション

リーチを拡大

あらゆる場所でツイートは生まれています。Twitterなら、大規模かつグローバルなリーチをリアルタイムで活用でき、貴社のビジネスチャンスも広がります。

詳細

Twitterでブランドの存在感を高める

貴社のブランドでは何を扱っていますか。貴社のメッセージはどのようなものでしょうか。その答えをブランド作りに活かすことで、エンゲージメント獲得につながります。

詳細