動画でブランドストーリーを伝える

ブランドが伝えたいストーリーを動画にまとめて発信しましょう。

情報が溢れ、競合がひしめく市場の中で、一歩抜き出たブランドであり続けるために有効なのは、心に残るブランドストーリーです。ブランドはTwitterで動画フォーマットを活用することで、タイムライン上でリッチなブランドストーリーを展開して、利用者と双方向のコミュニケーションを行うことができます。動画広告を利用することで、興味関心を持つターゲットオーディエンスに対して、ブランドメッセージを届けることができます。動画配信の結果、各ブランド指標と売上がどのように推移するかトラックしていきましょう。

40%

4ブランドを対象に実施した4つの調査の中で、Twitterのマーケティングキャンペーンはその他のチャネルと比較して、ROIが40%高くなっています。

出典: Data2Decisions Marketing Mix Model(2017年)

プロモビデオ

プロモビデオは、Twitter動画広告の中でも、広告主や代理店の皆さまに最も親しまれている動画広告ソリューションです。自社Twitterアカウントからの動画付きツイートを広告配信することで、タイムラインに広告が表示されます。タイムライン上では動画は自動再生されます。ひとつの活用事例として、サブウェイはプロモビデオを活用してラップ商品を広告し、好みのサンドイッチを作るためのコツを動画にまとめて配信し利用者に好評を得ました。

利用するためには

詳細はTwitterの担当営業へお問い合わせください。

ビデオウェブサイトカード

ビデオウェブサイトカードは、モバイルのTwitter利用者をリンク先のページへ誘導するのに最適なソリューションです。誘導先で、詳細情報の取得、アクションの完了などTwitter利用者に期待する行動をとってもらえるようにランディングページを選びます。アメリカ合衆国のソフトクリーム店、デイリークイーンは大ヒット商品であるBlizzard(ブリザード)を毎月プレゼントするプロモーションをビデオウェブサイトカードを使って展開し、同社ウェブサイトから最寄りの店舗を探すよう誘導しました。ビデオウェブサイトカードは、標準的なモバイル動画広告ベンチマークよりもCTR(クリック率)が2倍高いというリサーチ結果が得られています。また、誘導先のサイトが読み込まれている間、利用者は動画を視聴しているので、同カードは利用者の定着率を60%以上高めることに貢献しています。

利用するためには

詳細はTwitterの担当営業へお問い合わせください。

カンバセーショナルカード

カンバセーショナルカードは、Twitterの利用者がブランドからのメッセージを受け取り、他者と内容をシェアして会話が始まるようにより深くエンゲージします。ディズニーは、「美女と野獣」ファンが愛を祝うツイートをすると、出演する俳優たちからバレンタインのメッセージを受け取れるというキャンペーンを実施しました

利用するためには

詳細はTwitterの担当営業へお問い合わせください。