予約型の動画広告で、新商品ローンチキャンペーン効果を最大化

1日1社限定の買い切り型の動画広告で、Twitter利用者の注目を集めて話題化を図ろう。

新商品やサービス、新ブランドやキャンペーンなどのローンチ時に、Twitterの予約型動画広告ソリューション「ファーストビュー」をご利用いただくことで、Twitterの一番目立つ場所であるタイムラインの上部で動画を24時間配信できます。Twitter利用者間で一気に認知度を高め、そのローンチに関する会話量を増やすのに適切な動画広告ソリューションと言えます。

2倍

Twitterのファーストビューは、他社の予約型動画広告と比較して、アッパーファネル における広告想起率が2倍高い。

出典: IPG, The Art Of The Takeover(2017年5月

ファーストビュー

ファーストビューは、Twitter利用者がその日最初にアクセスするタイムラインのファーストビューに動画広告を掲載する、1日1社限定の予約型広告ソリューションです。IPGによると、他社の予約型動画広告と比較して、マーケティングファネルの上部 (認知や関心の薄い層)の広告およびメッセージ想起率が2倍高いという調査結果が得られています。また、動画の視聴時間においても、他社との比較で1.4倍長いということです。アメリカを代表する金融機関バンク・オブ・アメリカは、"Pay Back a Friend Day" (友達への返金の日)という、同行のモバイルアプリで友達への返金・送金を推奨するキャンペーンをローンチした際に、 (再び友達になろう)というハッシュタグとともにファーストビューを利用しました。

テレビ離れをしてテレビCMをあまり見ないけれども、Twitterは利用しているオーディエンスにリーチすることは、インクリメンタルリーチを獲得できるチャンスです。ある大手飲料ブランドは、世界的なスポーツイベント中にキャンペーンを開催し、ファーストビューとプロモトレンドを活用しました。結果として、テレビCMに加えて、Twitter から+22%のインクリメンタルリーチを生み出すことができました。

利用するためには

詳細はTwitterの担当営業へお問い合わせください。