オーディエンスインサイト

単純な統計以上の情報が得られます。

Twitterのオーディエンスは積極的で影響力があり、様々なことに興味を持っています。そこで、興味関心、属性、パソコンやスマートフォンのOS、フォローしているブランドなど、多くの条件に基づいてオーディエンスをターゲティングすることができれば、コンテンツを適切な相手に届けられます。また、キャンペーンの効果やコンテンツのエンゲージメントを高めたり、広告を最適なタイミングで出したりもできます。

Twitterのオーディエンスインサイト管理画面では、フォロワーやツイートに反応してくれる人々についての情報など、キャンペーンの状況をリアルタイムで確認できます。今後のキャンペーンの対象となる新しいオーディエンスも見つけられることでしょう。この管理画面では、利用者の属性、興味関心、ライフスタイル、購買行動についての総合的な情報も表示されます。情報源は利用者提供のデータ、アプリ提供のデータ、Twitterの内部モデル、パートナー企業によって生成されたデータなどです。

人には様々な面があるように、広告も多面的であるべきです。

この情報によってクライアントにコンテンツ戦略やメディア戦略を理解してもらいやすくなり、特に他社との競争が激しい重要な時期には助かっています。広告代理店は競合の多いアクティビティやブランドと利用者の会話について直接インサイトを把握できるので、コンテンツ戦略やメディア戦略のシフトをリアルタイムで提案して最終的により良い成果を上げられます。

クリスティーン・ヒッキー()氏(Performics社、メディアディレクター)

問題解決に役立つ各種プロモーション手法

オーディエンスインサイト

自社アカウントのフォロワーの増加を時系列で確認したり、傾向をリアルタイムで確認したりできます。オーディエンスの特性、興味関心、ライフスタイル、購買行動について分析結果が表示されます。

Brand Hub

自社ブランドに関する会話の数や反応、エンゲージメントの高いオーディエンスの特定など、プロモーションに役立つ情報を提供します。

オーディエンスを知る

Flight School

Twitter Flight Schoolの「複数のキャンペーンの最適化」コースでは、オーディエンスのあらゆる情報をトラッキングする方法をご紹介します。

登録する Arrow Right Icon