Twitter広告クリエイティブの種類

ブランドストーリーを伝えるのに適した、リッチなクリエイティブフォーマットが豊富に用意されています。

ブランドや企業がオーディエンスとのつながりを確立しにくい時代になりました。感情や興味関心の一番強いポイントをつかみ、瞬時に引き込まなければ、お客様の心っという間に別の物事へ移ってしまいます。

そこで効果を発揮するのが、Twitter広告クリエイティブです。動画広告などを駆使して、御社の魅力を余すところなく伝え、オーディエンスとのつながりとエンゲージメントを生み出すことができます。

中でも動画広告はクリエイティブフォーマットとして有用です。プロモビデオを使えば、利用者が情報を探しているTwitterタイムライン上で、御社ブランドの認知度を高める目的で動画を配信したり、利用者のアクションを促すためのフックとして動画を配信するなど目的に応じた利用が可能です。

また、インストリーム動画広告をご利用いただくことで、数百社の動画パブリッシャーが配信する世界最高水準のコンテンツの冒頭に、プレロール動画広告を配信できます。

さらに、ワールドカップやオリンピックなど、利用者の会話が起きる大型イベントの期間中にインストリーム動画スポンサーシップを活用すれば、情報を求めて集まる、あるいは会話に参加するTwitterの利用者にリーチして、ブランドのメッセージに触れてもらうきっかけを作ることができます。

利用者のエンゲージメントを高めるTwitter広告クリエイティブフォーマット

プロモビデオ

流れの早いTwitterタイムラインの中で、利用者の注目を集めるのに有効な、ネイティブ動画広告クリエイティブフォーマットです。

インストリーム動画広告

動画パブリッシャーが配信する、ブランドセーフな動画コンテンツの冒頭にプレロール型の広告を挿入できます。

インストリーム動画スポンサーシップ

動画パブリッシャーが作成した、質の高い動画コンテンツのスポンサーとなることで、利用者が視聴したい動画コンテンツと挿入する動画広告をより一体感のある動画コンテンツとして利用者に視聴してもらうことができます。

ブランドオリジナルの絵文字

自社ブランドを個性的に演出し、会話での存在感を高めます。特定のハッシュタグに、ユニークな絵文字を表示します。

カンバセーショナルカード

動画や画像と、ハッシュタグを含んだ選択肢としてのコールトゥアクション(CTA)ボタンを複数設けられるクリエイティブフォーマットです。選択肢を回答しエンゲージした利用者がそのフォロワーに情報をさらに拡散する効果を期待できます。

GIF画像と静止画像

ユーモアのあるGIF画像をツイートやダイレクトメッセージに入れ込むことで、利用者のブランドエンゲージメントを高めることが期待できます。

ライブ配信

大きな発表会、スポンサーイベントなど、重要な出来事をリアルタイムで伝え、オーディエンスとの距離を縮めることができます。