Twitter広告フォーマットと仕様

Twitterウェブサイトカード

イメージウェブサイトカードおよびビデオウェブサイトカードで画像/動画クリエイティブを共有し、任意のランディングページへオーディエンスをシームレスに誘導できます。

ビデオウェブサイトカード

ツイート本文

280文字(注記: リンクは23文字分に相当するため、たとえば、ツイートにリンクを1つ含める場合、ツイート本文に使える文字数は257文字です。日本語の全角文字の場合、使用できる文字数は半分になります(140文字))

ウェブサイトのタイトルの長さ

最大70文字。端末やアプリの設定により途切れる場合があります。50文字以内に収めることで、ほぼすべての端末でタイトル全体が表示されるようになります。

ファイルサイズ

最適なパフォーマンスを得るには、ファイルサイズを30MB未満にしてください。最大でも1GB未満にすることをおすすめします。

動画の長さ

推奨: 15秒以下

ブランディング: 全編に表示することを強く推奨します。ロゴを用いる場合、左上隅に固定してください。

キャプション: クローズドキャプションまたはテキストオーバーレイは必須です。

ファイル形式

MP4またはMOV

推奨動画ビットレート

推奨: 1080pの動画で6,000k、720pの動画で5,000k

最大: 1080pの動画で6,000k~10,000k、720pの動画で5,000k~8,000k

推奨フレームレート

29.97fpsまたは30fps。これ以上のfpsにも対応可能です。動画のフレームレートがこれより低い場合、「アップサンプリング」はしないでください。

推奨オーディオコーデック

AAC LC(ローコンプレキシティ)

推奨動画コーデック

4:2:0の色空間に対応する、H.264、ベースラインプロファイル、メインプロファイル、ハイプロファイル

縦横比

1:1を推奨(デスクトップとモバイル端末では、動画はタイムラインやプロフィール上で常に正方形にレンダリングされるため)。1:1と9:16(垂直)の表示領域は等しく、16:9より広くなります。タップすると全画面表示になり、上下に黒枠が入ります。

縦横比は2:1~1:1の間であれば問題ありませんが、1:1を超えるとプラットフォーム上で縦横比1:1にトリミングされます。

デスクトップとモバイル端末では、9:16(垂直)の動画はタイムラインやプロフィール上で常に1:1にレンダリングされます。デスクトップでは、動画の再生が始まると黒枠が左右に表示されます。モバイル端末では、動画の上下がトリミングされ、画面の中心で、枠なしで自動再生されます。

推奨サイズ

1200x1200(1:1の場合、最小は600x600)

  • 縦のサイズは無制限ですが、縦が横より大きい場合は縦横比が1:1になるように動画がトリミングされます。

  • 1:1以外の場合、最小縦横比は640x360

サムネイル画像(縮小版画像)

サポートされているファイル形式: PNGまたはJPEG

縦横比: 動画と同じ比率を推奨

最大サイズ: 5MB

イメージウェブサイトカード

ツイート本文

140文字(注記: リンクは日本語で12文字分に相当するため、たとえば、ツイートにリンクを1つ含める場合、ツイート本文に使える文字数は128文字です)

ウェブサイトのタイトルの長さ

最大70文字。端末やアプリの設定により途切れる場合があります。50文字以内に収めることで、ほぼすべての端末でタイトル全体が表示されるようになります。

画像サイズ

縦横比1.91:1の場合、800x418ピクセル(最大3MB)

縦横比1:1の場合、800x800ピクセル(最大3MB)

ファイル形式

PNGおよびJPEG(BMPとTIFFは使えません)

ボタン

カスタマイズしたヘッダーを挿入し、コールトゥアクションボタンを追加することで、広告が表示されたときに利用者に取ってほしい行動を伝えられます。