検索結果: すべてのリーチを拡大コンテンツ

24件の結果

リサーチ

映画とTwitter -「カメ止め」ツイートの猛威を分析してわかったこと

Twitter発信の情報の拡がりだけでなく、Twitterを超えてテレビに伝搬する形や、またそれがTwitterに大きな揺り戻しとなって現れたことが明確になりました。それだけでなく、公開前に行われていたTwitter上での監督、出演者の会話自体がコンテンツとなり、映画公開後に映画を観た人からリツートされ、会話が拡がっている様子もわかりました。

リサーチ

ニュースとTwitter

Twitterには4,500万人を超える方々が、今まさに世の中で起きていることを知り、他者の意見を聞き、自分の思いを話すために集まってきています。 Twitterには情報感度が高い人が多くいらっしゃるため、日々多くのニュースについて話され、また様々な話題がTwitterから生まれています。

リサーチ

Twitter動画広告クリエイティブのベストプラクティス

Twitterのタイムラインおよび利用者に最適化された動画広告は、テレビCMを再利用した動画広告よりも、より多く視聴される傾向にあり、広告内容が記憶に残りやすいという調査結果を得ることができました。テレビCMを単に使い回すのではなく、Twitter動画広告のベストプラクティスを適用し、Twitterのメディア特性に合わせた動画広告を配信しましょう。データを含む調査結果詳細を以下にまとめます。

視点

Twitter動画広告を使うべき理由とその使いこなし方

Twitterのインストリーム動画広告とスポンサーシップを使えば、ワンランク上のブランド戦略を展開できます。Twitterでは、キャンペーンを始める前に受講いただけるレッスンをいくつかご用意しました。Twitter Flight Schoolをぜひご活用ください。

Twitter活用事例

総参加数4,700万超!様々な企業とムーブメントを起こすTwitter「 」の魅力

Twitterが2014年からクリスマス前に行っている大型プレゼントキャンペーンの「 」。本記事では、史上最大の盛り上がりを見せた同キャンペーンに協賛したアイデムとCraft Eggに、協賛の背景と得られた成果について聞いた。

リーチを拡大する

情報感度が高く、価値を見出した情報を会話に繋げてくれるTwitter利用者へのリーチを最大化しましょう。

Twitter活用事例

「1本満足バー」の新商品プロモーションの成功支えた、Twitterの「ローンチパッケージ」とは

アサヒグループ食品の栄養調整食品「1本満足バー」は、いつでも手軽に栄養を補給できると、2006年に発売されて以来多くのファンを獲得してきた。2018年10月には、新しく「1本満足バープロテイン」シリーズを発売。既存商品に比べ、ターゲットが明確なプロテインシリーズのプロモーションを実施するにあたり、新たな手段としてTwitterの新たな広告パッケージである「ローンチパッケージ」を採用し、想定以上の成果が出たという。成功の要因はどこにあったのか。

Twitter活用事例

消費者の想いと会話を引き出す仕組み作りで過去最高の売上 エスティ ローダーのTwitter活用に迫る

“崩れないファンデーション”として人気があるエスティ ローダーの「ダブル ウェア」。既にロングセラーの同製品だが、さらなる顧客拡大のため、Twitterを活用したキャンペーンを昨年より実施。「 」のハッシュタグを基点にコミュニケーションを展開し、2年目となる今年のキャンペーン後には、過去最高の売上を記録した。成功のカギは、製品の機能価値のさらに先にある生活者ベネフィットを提示し、自分ごと化を促すコミュニケーション、多数の広告フォーマットを利用して効果を最大限に引き出した点にあった。

Twitter活用事例

ライオン&ローソンの担当者が語る、ローンチ成功に欠かせないTwitter戦略

2018年5月15日に行われたTwitter主催のイベント「 」では、米国本社からキーパーソンも登壇し、6四半期連続、対前年比で2桁成長を続け、動画プラットフォームとしての存在感も増すTwitterのメディアパワーが明らかになった。4,500万人以上の利用者がいる日本は、同社にとって重要なマーケット。本記事では、同イベントで語られた、企業のローンチを支援する「Win Launches!」の戦略概要と、ライオン、ローソンの担当者によるTwitterマーケティング事例を紹介する。

Twitter活用事例

運用から数ヶ月でフォロワー数を大幅増加!すかいらーくに学ぶ、ローンチ時のTwitter運用術

いまや多くの企業が自社メディアのひとつとしてTwitterをはじめSNSを企業活動に取り入れているが、その効果的な活用となると、何をすれば良いのか頭を悩ませている担当者もまだまだ多いのではないだろうか。本記事では、あまり活用が進んでいなかったTwitter運用を活性化させ、さらにTwitterと共同で制作したオリジナルコンテンツを利用した、すかいらーくの事例を紹介する。活用の背景、利用の仕方、結果までを同社の濱嶋保樹氏、吉田啓介氏、龍康殿いくみ氏にインタビューした。

結果: 1 - 10/24