リサーチ

動画キャンペーンをプロモーションする最も効果的な方法

3種類の動画キャンペーンを対等に織り交ぜて断続的に展開させる。この方法がバズやインパクトを生み出すために最も効果的であると調査結果が示しています。

意識の高いオーディエンスを攻略する。

テイクオーバーを実施し、メッセージを広め、人々の考え方を変える。これは最新のハリウッド映画の大ヒット脚本ではありませんが、オンライン動画の爆発的な成長に伴い、ますます競合の激しい市場になると、不要なノイズを打ち破る正しい戦略が必要になります。

しかし、すべてのプラットフォームが同じわけではありません。では、どのようにこれらの機会を最大限に活用し、目標に基づいて動画キャンペーンを効果的に運用することができるでしょうか?

この質問を踏まえて、私たちはIPGの  の一部 と連携し、3つの動画フォーマットがTwitter上で断続的にお互いに対してどのように影響するか調査しました。

  1. タイムライン上の2番目の場所にあるTwitterファーストビュー動画広告で、さまざまな動画の長さをテスト
  2. タイムラインの下に表示されるTwitterプロモビデオ
  3. Twitter以外の動画プラットフォームのテイクオーバー

調査の結果、次のことが明らかになりました。

Twitterファーストビューが最も効果的なビデオテイクオーバー。

それが直観的に影響を与えることになると、ファーストビューに軍配が上がります。人々はそれらから目を離すことができません。私たちの調査によると、ファーストビュー動画広告はTwitter以外のビデオプラットフォームのテイクオーバー1よりも効果的な施策であり、ブランドとメッセージのリコールはほぼ倍増しました。Twitterでこの動画広告を長く視聴した人も同様です。2(半分以上がTwitterで6秒以上視聴していました)。

これを他のプラットフォームのビデオテイクオーバーと比較すると、3秒以内にほぼ半分がスクロールまたはクリックで削除されています。3ブランド認知度の向上を達成するためには視聴時間が重要ですから、そのコンテンツ制作に集中して通常の倍以上の時間を費やす価値は十分にあるでしょう。

覚えておくべき点:数字は示す:Twitterは、ユーザーの直観的な知覚に効果を及ぼす優れたビデオテイクオーバーです。ファーストビューの動画を使用すると、再生率が向上して動画の再生時間が長くなり、コンバージョンに導く上位のファネル指標がほぼ倍増します。

ファーストビュー動画広告は信頼を得ていますが、短い広告ほど効果的。

私たちは、すべての長さの動画広告が信頼を感じさせることがわかりました。調査対象の70%以上が動画広告のメッセージが信頼できるものだと思っています。ただし、視聴者の心を勝ち得るには、動画を短くしてください。より短い広告はより高い評価を受けます。実際、回答者の79%が6秒の広告のメッセージが信頼できるものであると認めています。

覚えておくべき点: より高いレベルでの信頼を得るには、動画広告を短く魅力的にしてください。消費者との信頼を最大限に引き出すために、6秒の動画広告を試してみましょう。

Twitterプロモビデオ広告はインパクトを高める。

タイムライン上で下の方に表示されるプロモビデオ広告は効果的ですが、ファーストビューの目的とは異なる役割をします。プロモビデオ広告の影響は大きく、回答者の半分以上が広告を共有すると答え、半数以下はファーストビューと同じだと答えました。4これは、タイムラインの配置がより自然に感じられたため、広告を見た視聴者はメッセージを信頼できるものと見なして共有する可能性が非常に高いためです。 

調査対象者はプロモビデオ広告を、ファーストビューよりも関連性が高く、情報が豊富で、割り込み性が低いと評価しました。つまり、プロモビデオ動画は長期間にわたって複数のタッチポイントを持つキャンペーンに最適ということです。 

これが次のキャンペーンにとって何を意味するのか: 

施策の開始や高い効果を簡単に得たいと思っていますか?ファーストビューを試してみましょう。

長期的に製品のメッセージングやブランド認知度を向上させたいですか?プロモビデオを利用し、インパクトを高めることで、大事なメッセージをやりとりする機会を得ることができます。 

調査方法

調査は との提携により実施。米国でオンライン募集したスマートフォンとPCを利用するユーザー3,732人を対象としました。各参加者にアンケートを取り、地域や年齢、メディア消費等の特性を分類した上で、スマートフォン版Twitter、スマートフォン版またはPC版ビデオテイクオーバーで、インフィード自動再生広告のランダム化されたテスト項目を割り当てました。調査により、視聴時間、クリック数、動画の完成度といったパッシブ調査を実施。その後の追跡調査により、従来のブランド指標(広告リコール、認識など)と定量的なフィードバックを測定しました。

私たちは、3つの産業(エンターテイメント、家電、CPG消耗品)で46の異なるシナリオを測定しました。これらのシナリオには、ファーストビュー動画、プロモビデオ、Twitter以外のプラットフォームのテイクオーバーが含まれています。03秒のGIF、06秒の動画広告、15秒の動画広告、30秒の動画広告、特殊動画などの広告フォーマットが含まれています。メッセージングの種類には、製品のメッセージング、新しいロンチのアナウンス、およびタイムリーな話題のモーメントが含まれています。

この調査の詳細については、営業担当者に問い合わせるかsales@twitter.comまでお問い合わせください。

 

脚注:
1ファーストビューでは、促進ブランドのリコールは61%で、31%と遅れをとったプラットフォーム動画のテイクオーバーより優れていた: The Art of the Takeover, 2017
21.4X他のプラットフォームの動画テイクオーバーに対する視聴時間: The Art of the Takeover, 2017
3 65%の割合で動画は少なくとも6秒間画面に表示されました。他のプラットフォームの動画テイクオーバーの場合、ほぼ半分(49%)が3秒以内にスクロールまたはクリックされていました: 4The Art of the Takeover, 2017
4ファーストビューの49%と比較して、62%の対象者がプロモート動画広告を共有すると回答しています: 4The Art of the Takeover, 2017

Twitterから最新のマーケティング事例やインサイトをお届けします。

マーケティングインサイトメールニュースレター登録フォーム

登録すると、Twitterからマーケティングに関わるニュースレターを配信します。ニュースレターはいつでも配信停止可能です。