視点

Twitter動画広告を使うべき理由とその使いこなし方

Twitter Flight School動画広告コースを受講して、動画広告の基礎およびキャンペーンの作成・運用方法を学び、広告効果を飛躍的に高めましょう。

Twitterは、世界で今起きている出来事と、それにまつわる会話がリアルタイムに繰り広げられる場所であり、動画をきっかけに多くの会話が生まれています。Twitter上の動画視聴数は毎年増え続けており、現在では1日あたり20億回を超える動画の視聴があります。この数字は今後も増え続けることでしょう。

動画の視聴が増えているのは、利用者にとっても、ブランドにとっても、動画が必要不可欠だからです。

Neuro-Insightsの調査によると、Twitterの動画広告キャンペーンは、その他の主要ソーシャルメディアプラットフォームに比べて31%感情に訴える力が大きく、22%高く記憶に残りやすいとのことです。(*1) Twitter広告にはまた、幅広いオーディエンス(特に若年層)にリーチし、テレビCMを補完できるという特徴もあります。Nielsen Total Ad Ratingsのリサーチ結果によると、Twitterで獲得したインクリメンタルリーチにより、18~24歳のテレビ視聴者へのリーチを、平均で28%補えるという結果が示されています。(*2)

Twitterで動画広告キャンペーンを実施することの価値は、Twitterオーディエンスの特徴に起因する部分が大きいです。Twitterのオーディエンスは情報感度が高く、広告受容性に富み、他者への影響力を持つことです。Twitterの調査では、動画の最初の3秒間がブランドの印象形成の70%に影響することがわかっています。(*3) メッセージを効果的に伝えるには、動画の尺を短くし、早めにブランドロゴを表示して、訴求力のあるビジュアルを用いることが大切です。

Twitter上で動画を配信するにはいくつかの方法がありますが、広告として動画を用いる場合は、インストリーム動画広告とインストリーム動画スポンサーシップの2つのプレロール広告を検討してみてください。

インストリーム動画広告では、Twitter利用者が興味を持って視聴する動画コンテンツを通じて、ターゲットオーディエンスと接点を持つことができます。具体的には、提携する動画パブリッシャーが配信する動画の冒頭にプレロール広告を挿入し、オーディエンスを属性、興味関心などの各種条件でターゲティングできます。

Twitterは良質なプレミアムコンテンツを配信しており、ブランドセーフな動画パブリッシャー(世界中の大手報道機関、スポーツリーグ、テレビ放送局、エンターテインメント業界の大手企業を含む)と提携しています。インストリーム動画スポンサーシップでは、Twitter利用者の興味関心が高まるイベントなどの間、その動画を視聴する人々の注目を集めるのに有効です。リアルタイムのライブ配信、動画クリップ、番組内の専用コーナーなど手法は多岐に渡るカスタムソリューションです。

デジタル広告の出稿を計画している、あるいは既にデジタル広告を配信している企業であれば、Twitterの動画広告を最大限に活用する方法を理解することが、自社の広告ニーズを満たすうえで非常に重要です。しかし、どの動画広告フォーマットをどのように活用すればよいか、手探り状態である人もいるでしょう。そんな人のために、Twitter動画広告の概要から運用・最適化などの知識とスキルが簡単に取得できる、無料オンライントレーニング「Twitter Flight School動画広告コース」を用意しています。

Twitter Flight School動画広告コースは「Twitter動画広告の基本」と「Twitter動画広告キャンペーン設計・運用の基本」という2つの無料オンライントレーニングのコースが提供されており、各コースは複数のモジュールで構成されています。適切なオーディエンスをターゲティングする方法から、動画広告キャンペーンの運用、効果測定まで、1つずつ解説しています。

学習できる内容:

  • Twitterオーディエンスの特徴とターゲットの絞り込み
  • Twitter動画広告フォーマットの種類とその特徴
  • Twitterの動画広告在庫とブランドセーフティへの取り組み
  • 動画広告を組み込んだ、目的別メディアプランの作成
  • Twitter広告マネージャーの主要な機能および利用方法
  • 動画広告クリエイティブの作成方法
  • 広告キャンペーンの運用および最適化の方法
  • サードパーティーのオーディエンス計測データを取得する方法
  • カスタムレポートの作成、同僚と共有する方法

Twitter Flight Schoolの動画広告コースでは、Twitter動画広告フォーマットの種類を理解して、情報感度が高く広告受容性に富んだTwitter利用者に適切なタイミングにリーチする手法を学習できるほか、プレロール広告などを配信する先の動画コンテンツの品質の高さ、およびそれに付随したTwitterのブランドセーフティへの取り組みなども学べます。事例などを踏まえて、メディアプランのサンプルなど用意されており、実際の業務に活用できる教材が揃っています。中でも一番のメリットは、動画広告キャンペーンの作成から運用、最適化までのプロセスが順を追って学習できます。

出典:
1.Neuro-Insight「OMG + Twitter Receptivity」(2018年10月)。サンプル — Twitter、Facebook、YouTube、Instagramの週間アクティブユーザー数。米国、日本、ブラジルでの結果を合算
2.Nielsen Total Ad Ratings(TAR)(2019年)
3.Nielsenが2015年から2017年に実施した、275回のブランド効果調査におけるTwitter内部メタ分析

Twitterから最新のマーケティング事例やインサイトをお届けします。

マーケティングインサイトメールニュースレター登録フォーム

登録すると、Twitterからマーケティングに関わるニュースレターを配信します。ニュースレターはいつでも配信停止可能です。