視点

ファーストビューで心を掴む — タイムラインとモーメントで独占配信

1年を振り返る: ブランドがファーストビューを使ってタイムラインのトップを勝ち取る方法。 

現在のメディア飽和状態のカルチャーの中で、膨大なターゲットオーディエンスの前にどのように存在感を示したらよいでしょうか — それも最適な瞬間に。新商品の発売、新しいキャンペーンの開始、新作映画やテレビ番組のプロモーション、あるいはブランドストーリーの紹介など、目的はさまざまでも、すべてのブランドに共通するのは「その瞬間を勝ち取りたい」ということでしょう。

それこそが、ファーストビューの背景にある考えです。1年前に導入されて以来、ファーストビューはブランドにTwitter上の一等地であるトップ広告枠を、今最も人気の高いコンテンツ形式である動画を使って24時間独占する権利を提供してきました。ファーストビューの独占的な広告表示によって、ブランドは「ファーストビューで心を掴む」ことができ、最高のタイミングでタイムラインのトップでユーザーの注意を引くことができます。

何よりも大きなメリットは、ファーストビューによってブランドがインパクトの高い方法で、今この瞬間に起こっているシーンの一部になれるということです。たとえば、Jaguar USA社はファーストビュー動画とプロモトレンドを組み合わせて、エンゲージメントを強化しコンバージョンを促進しました。

「ファーストビューで心を掴む」瞬間は、ポジティブな感情、購入意欲、ブランドおよびキャンペーンの認知を促進することを、当社の調査は示しています。たとえば、Twitterタイムラインに表示されるファーストビュー動画は、タイムラインの下の方に表示される動画と比較して、すべてのブランド指標が平均で22%高くなります。

ファーストビューの1周年を記念して、Twitterのトップ広告枠を貴社の次回のキャンペーンに活用していただくためのインサイトとベストプラクティスを公開しています。

ファーストビューで心を掴む」瞬間は、ポジティブな感情、購入意欲、ブランドおよびキャンペーンの認知を促進することを、当社の調査は示しています。」

動画は競争の激しい混雑したマーケットの中で、強力に注意を引きます。

溢れるほどのコンテンツが消費者の注意を引こうと競い合う中、ファーストビューはインパクトの高いクリエイティブ動画をTwitterタイムラインのトップに表示することで、ブランドがそこから一歩抜きん出ることを手助けします。人の記憶応答はTwitterを開いて最初の30秒間が最も高いため、ユーザーは早いタイミングで見たコンテンツに、より感情的につながりやすいことがTwitterの調査で判明しています。

また、ユーザーがTwitterで見た最初の動画に最も強く反応することも、タイムラインで後に遭遇した動画やその他のコンテンツとの比較から、わかっています。

動画は現在、他を圧倒する人気のコンテンツ形式です。モバイルとデスクトップで最も急成長しているコンテンツタイプで、少なくとも2020年には消費者のインターネットトラフィック全体の80%を占めるようになると予想されています。また、動画ツイートは画像ツイートよりも6倍、共有される傾向が高いことも調査で示されています。3

ファーストビューは、訴求力のある動画クリエイティブで、あらゆる業種のブランドがすばやく拡張目標を達成するのを助けてきました。平均して、ファーストビューは、ツイート想起を141%以上、キャンペーン認知を58%、メッセージ連想を29%、ブランド認知を18%、そして購入意欲を13%の割合で、高めることができます(Twitterの調査に基づく)⁴。

ブランドはどのようにファーストビューを活用してモーメントを勝ち取っているか

自動車業界から、映画、テクノロジー市場まで、ファーストビューは過去1年間に実施されたさまざまなキャンペーンに利用されました。

テクノロジー

は、同社のユニークなMoto Zスマートフォンを紹介し、それに特別な機能をスナップオンモジュールで簡単に追加できることをデモしてみせる、革新的な方法を探していました。Motorolaは、ファーストビュー、プロモトレンド、そしてカスタムのフィンガースナップ絵文字を使ってメッセージを拡散しました。「それによって当社ブランドは前代未聞のリーチを得られたと同時に、ブランドメッセージを大規模に広める素晴らしい方法を手にしました」と、Motorola社のグローバルメディア&コンシューマーエンゲージメント責任者のべス・ライリー氏は述べています。同ブランドのフォロー数は3倍に伸び、同ブランドに関する1日あたりの平均ツイートは19倍に伸びて、ブランドインプレッションは8,750万件に達しました。

自動車

は、同社の新しい高級車XEとF-PACEの認知をすばやく広めるため、プロモトレンドとファーストビューを使った キャンペーンを展開しました。このキャンペーンは自動車業界平均より22%高い動画再生率により、450万回の動画再生数を獲得し、ブランドに対するポジティブな反応を36%増やし、ブランド好感度を12%高めました。また、Jaguar社の車両コンフィギュレーションプログラムもこのキャンペーンにより2倍に増加する結果となりました。

「ファーストビューを使ってJaguarの新世代への認知を高めるのは、当社にとって心躍る体験でした」と、Jaguar Land Rover社のデジタル、ソーシャル、CRM担当マネージャーのキム・チョー氏は言います。「これは、当社の新しいXEとF-PACEの発売に向けて、幅広いオーディエンスに動画クリエイティブを届ける効果的な方法でした。」

エンターテイメント

は、注目の夏公開の大人気シリーズ映画「ジェイソン・ボーン」(マット・ディモン主演)へのファンの期待を高めるために、ファーストビューを選びました。

「当社は『ジェイソン・ボーン』のトレーラーを公開する際にファーストビューを使用しました。」Universal Pictures社のデジタルマーケティング担当エグゼクティブバイスプレジデント、ダグ・ニール氏はこう述べています。「Twitter上の幅広いオーディエンスにリーチし、この映画の露出を最大限に高めるのにとても役に立ちました。」

スポーツウェア販売

はファーストビューを活用して、同ブランドの キャンペーンを展開し、"you are your toughest opponent"(最大の対戦相手は自分)のテーマのもと、フォロワーに"get your head right and your body will follow"(メンタルを正しく保てば身体はついてくる)というメッセージを届けました。

「ファーストビューは、当社の新しいキャンペーンを展開し、当社ブランドの狙いに完璧にフィットする大規模な関心の高いコミュニティにリーチするにあたって、比べるものがないほどの機会を提供してくれました」と、New Balance Athletics Shoes UK Ltd.のイギリス&アイルランド担当マーケティングマネージャー、サマンサ・マシューズ氏は述べています。

ダイニング

はファーストビューを活用して、同社の"4 for $4"キャンペーン(消費者が4種類の対象メニューアイテムを選んで4ドルで購入できるというもの)の認知を広めました。

「Wendy’sをユーザーのTwitterフィードのトップに表示できることは、非常に大きなメリットです」と、The Wendy’s Companyの広告、メディア、デジタル担当バイスプレジデント、ブランドン・ローテン氏は言います。「ファーストビューはパーフェクトです。当社の4 for $4についてのブランドツイートを広めてくれます。」

パート2で、貴社の次回のキャンペーンにファーストビューを使用するためのヒントとアドバイスをお読みください。パート2: モーメントを勝ち取り、「ファーストビューで心を掴む」ための3つの方法