リサーチ

ブランド企業がTwitterで ファンを引き付ける方法

スポーツの祭典開催中にTwitterで共有すべき内容を検討している皆さまへ。Twitterの調査結果に基づいたポイントやアイデアをご紹介します。

2016年夏の大会が、南米での初開催となります。華やかな雰囲気の中、など前大会でも活躍したスーパースターがそろう世界的なイベントだけに、ブランド企業がお客様とリアルタイムでつながることができるビジネスチャンスも広がっています。Twitter上の会話はすでに盛り上がっており、8月5日の開会セレモニーに向けて、利用者の心の準備はすっかり整っているようです。

スポーツの祭典開催中にTwitterで優位に立てるコンテンツとは

Twitter傘下のマーケティング調査会社であるResearch Nowにより、Twitterを利用する人々がこの祭典でブランド企業に何を求めているかが明らかになりました。

1. エンターテインメントを届ける。リオで起こる出来事に関するおもしろい話題、動画の共有、ブランド限定コンテンツの配信などがあてはまります。

2. インスピレーションをもたらす。調査では、世界規模の問題について考えたり行動したりするきっかけとなるコンテンツや、選手や国の代表チームをたたえるコンテンツが好まれる傾向が見られました。

3. 情報を伝える。貴社のオーディエンスが重要な試合のスコアや結果を確認できるようにサポートしましょう。大会では19日間で207の国と地域の参加の下、42競技306種目が行われ、参加選手数は1万人以上です。そんな中で特定の話題を追いかけるのは難しく、情報配信は人々に喜ばれるはずです。

調査によると、Twitterで大会情報を確認すると答えた人は、競技のリアルタイム情報への関心が高いことがわかりました。舞台裏の情報を人々に提供できるようにしましょう。

調査において3分の2の回答者が、Twitterでは他のプラットフォームで得られない独自の非公開情報が一部の利用者に提供されると答えています。実際、回答者の75%がTwitterを専門的な見地を知ることのできるプラットフォームとして活用している一方で、他のSNSプラットフォームに対する同様の回答の割合は62~66%にとどまりました。さらに、Twitterは独自の視点を提供するプラットフォームとして高い評価を受け、即時性の点ではあらゆるプラットフォームを抑えトップとなりました。

スポーツの祭典に合わせて貴社ブランドのキャンペーンをTwitterで企画する際、この調査結果を考慮して作れば、スポーツの祭典を楽しむ人々が好感を抱くクリエイティブに仕上がります。8月5日から始まる大会では貴社も世界中の多くの人と共に、Twitterでの会話にリアルタイムで参加してください。

調査方法

本調査では、調査サービスを提供する大手グローバル企業であるResearch Nowがオンラインアンケートを実施しました。18~49歳を調査対象とし、Twitterを利用する対象者とそうでない対象者の定数を確保してアンケートを行いました。2016年1月に24か国を対象に実施されました。 対象国: 米国・カナダ(北米)、英国・フランス・ドイツ・スイス・オーストリア・スペイン・イタリア・オランダ・ベルギー・ポーランド・スウェーデン・トルコ・南アフリカ・アラブ首長国連邦・サウジアラビア(ヨーロッパ・中東・アフリカ)、ブラジル・アルゼンチン・メキシコ(中南米)、オーストラリア・日本・インドネシア・インド(アジア太平洋)

この記事はジェイ・バビシ()が共同執筆しました。

詳細

「ブランド企業がTwitterで #Rio2016 ファンを引き付ける方法」についてのインフォグラフィックをダウンロードして詳細を確認できます。

ダウンロード