リサーチ

Twitter動画広告の効果を高めるためにモバイル最適化を勧める5つの理由

スマホでTwitterを利用する環境を考慮し、モバイルのタイムラインに配信するのに最適な動画広告のクリエイティブのベストプラクティスとは?

モバイルに最適化された短尺の動画広告を使ってブランドメッセージを広く届けたい、このように考える広告主が増えています。スマートフォンが広く普及し、多くのフィードがあふれるこのデジタル社会では、ターゲットオーディエンスの関心を引くメディアとして、動画は一つの有効な手段と言えるでしょう。

マーケティング戦略の一環として短尺の動画広告を使う流れは、加速する一方です。広告専門メディアのAdweekとAI企業GumGumが2018年に実施した調査によると、調査対象となった広告主の84%が15秒の動画広告を使っており、その半数以上が動画広告を最も効果的な広告フォーマットであると評価しています。また、6秒の動画広告の効果も同様に高く評価されています。

スマホでの動画視聴を考慮した広告とは、流れの速いモバイルフィードに特化して作られた広告のことを指し、Twitterのタイムラインでも効果を発揮します。ここでは、モバイル最適化を行なった短尺動画クリエイティブを使ってTwitter動画広告キャンペーンを実施すべき5つの理由をご紹介します。

なお、この記事内に掲載した動画については、TwitterのクリエイターネットワークであるNiche ()を通じて、メッセージの発信に協力してくれるパートナーを探し、最終的に‎ さんに制作をお願いしました。そのユニークなスタイルは、キャンペーンに特別なエッセンスを付け加えてくれていると思います。

1. 人々は動画を見るためにスマホからTwitterへアクセスしており、Twitter上での動画視聴数は年々増加傾向にある。

世界で話題になっている出来事、スポーツの速報、動画パブリッシャーが公開する動画シリーズ、話題のテレビ番組など、Twitter上の動画コンテンツは増える一方であり、Twitterは動画プラットフォームと言っても過言ではないほど、動画視聴数が年々増加しています。Twitterは「広告主がターゲットとしている人々」に動画を見つけて視聴してもらえるNo.1のプラットフォームとして、広告主から高い評価を得ているという調査結果も得られています。

言い換えると、Twitterのタイムラインは動画広告への注目を集めやすい場所ということです。調査の結果、Twitterのタイムラインで動画広告に接触した人は、業界平均と比較して、感情移入度で31%高く、広告想起率で28%高いという結果が出ています1。

動画を含む広告のエンゲージメントが高く、顧客になる可能性が最も高いオーディエンスを探している広告主にとって、Twitterは十分な成果が期待できる理想的な環境と言えるでしょう。

2. Twitterタイムラインに流れてくる情報は利用者の関心事であるため受容度が高くなる。

モバイルに最適化した短尺動画広告が成果につながりやすい理由の1つとして、利用者にとってTwitterタイムラインに流れてくる情報は自分の興味に沿ったものという前提であり、それらの情報と関連するものと見なす傾向があります。言い方を変えると、動画広告がタイムラインに流れる、他のオーガニックツイートの中に溶け込んでいれば邪魔だと思われにくくいのです。

調査によると、Twitterタイムライン上の動画広告は、非フィード環境と比べて、自分との関連性が27%高く見えるという結果が出ています1。Twitter動画広告の効果が業界平均をを上回っているのはこうした背景によるもので、長期的な良いインパクトも生まれてます。

上記に加えて、Twitterタイムラインにおける動画広告の効果は、記憶可能性(Memorability)が業界平均より80%高く、関連性(Relevance)で53%高いという調査結果が得られています。

タイムラインの中に溶け込むTwitter動画広告は、オーガニックツイートと同じレベルで利用者のエンゲージメントを期待できます。

3.情報の受容性が高いベストな状態にあるTwitter利用者へリーチできる。

Twitterのタイムラインは流れが速い(特にスマホ)ので、利用者に動画コンテンツの視聴してもらうのは難しいと思われるかもしれません。しかし、同時にTwitter利用者の情報受容性が最も高くなる瞬間でもあるので、より短い時間で情報を動画にまとめたとしても利用者へ十分な影響を及ぼすことが可能です。

調査から、ブランド動画キャンペーンが及ぼす影響のうち、70%は最初の3秒で形成されることが判明しています2。

このため、Twitterが推奨する動画広告クリエイティブのベストプラクティスでも、一貫性のある明確なブランディングが極めて重要であるとしています。実際、ロゴを明示した動画広告は想起率が36%高く、視聴回数にも悪影響を与えないという結果が出ています3。

4. Twitter利用者の印象に残る動画クリエイティブは15秒以内の短尺なもの

Twitterタイムライン上の短尺動画広告クリエイティブは、Twitter利用者の行動にもフィットしており、長尺な動画クリエイティブよりもより記憶可能性(Memorability)が高い傾向にあります。15秒以内の動画広告は30秒以上の動画広告よりも印象に残るという調査結果も出ており、まさにTwitterのタイムラインならではの特徴と言えるでしょう。

5. ベストプラクティスを使ってインパクトを高める。

広告クリエイティブは売上促進に最も貢献する要素の1つであり、Nielsenの調査によると売上全体の47%が広告クリエイティブに由来しています。

アピール力のあるクリエイティブを作ることは大切な第一歩ですが、そのためにはサポートも必要です。Twitterで大きな成功を収めている動画広告には、クリエイティブに関するベストプラクティス・ガイドラインに沿っているという共通点があります。利用者の興味をすばやく引き付け、動画広告のインパクトを最大限に高めることができるよう、以下のガイドラインを参考にしてください。

  • 原則15秒以内の動画を使う(インストリーム動画広告は6秒以内)。

  • ブランドロゴや広告商品などを動画の冒頭で表示し、動画全体を通じて一貫性のある明確なブランディングを行う。

  • スマホのサイレントモードがオンになっていることを想定して、印象的なビジュアルと字幕などテキストを使う(音声による演出を極力入れない)。プレロール広告を展開していない場合は、簡潔で短いツイートコピーを使う。

Methodology

調査方法
1. 『Beyond Completion Rates』、Twitter and IPG Media Lab、米国、2016年
2. Twitter社内でのメタアナリシス - Nielsen Brand Effectの275件を対象
3. Twitter動画広告のベストプラクティス(GroupMとの共同制作)、MetrixLab、米国、2018年

Twitterから最新のマーケティング事例やインサイトをお届けします。

マーケティングインサイトメールニュースレター登録フォーム

登録すると、Twitterからマーケティングに関わるニュースレターを配信します。ニュースレターはいつでも配信停止可能です。