視点

モーメントを勝ち取り、「ファーストビューで心を掴む」ための3つの方法

インパクトの高い動画プロモーションで、タイムラインのトップの、トップ広告スポットを独占する方法をご紹介します。

Jaguar USA社、Motorola社、Universal Pictures社をはじめ、ファーストビューを活用して新商品やキャンペーンの認知、好感度を劇的に高めたブランドは多数あります。1年前に導入されて以来、ファーストビューはブランドに、インパクトの高い動画を使ってTwitterタイムラインのトップを24時間独占する権利を提供しています。

貴社の次回のキャンペーンが、最高のタイミングをとらえて最大のエンゲージメントを獲得できるようにするには、どうしたらよいでしょうか。プレミアムなファーストビュー広告スポットのために特別に作成された動画を使ってみましょう。その際には、ファーストビューを成功させるためのこれらの3つの柱に従うことが欠かせません。

1. メッセージをシンプルにする。

動画素材内とツイート本文のメッセージを、わかりやすくシンプルに保ちましょう。

商品の利点やキーメッセージは、一度に1つだけ含めるようにしてください。

2. フィードファーストの素材に焦点を当てる。

音声オフ戦略を採用しましょう。メッセージが音声がなくても伝わるようにしてください。

音声オフ再生のためのキャプションを付けます。それにより、ユーザーが動画を再生する時間を28%伸ばすことができます。またテキストを追加することで、視聴者は音声をオンにして動画を再生したくなります。テキストはモバイル上で読みやすい文字の大きさ、表示速度にしてください。

ブランディングや商品に関するメッセージは最初の数フレームに含めましょう。ブランディングや商品を最初の3秒間に目立つように表示することで、想起率を38%高めることができます。

最初の数フレームでは人々にスポットを当てます。それによって視聴者を引き留められる可能性が2倍になり、感情的なつながりを133%高めることができます。

明確な興味を引く仕掛けを仕込みましょう。成果の高い広告の81%には、視聴者を引き留める仕掛けが含まれています。

3. モーメントを勝ち取る: カルチャーからキャンペーンまで。

目的がブランドキャンペーンの展開であれ、大規模なカルチャーイベントのプロモーションであれ、クリエイティブを適切なモーメントに合わせましょう。ファーストビューの24時間広告の間に貴社のコンテンツに人々が興味を持つには、その理由があるはずです。たとえば、大規模な商品のリリース、新しいキャンペーンの開始、注目イベントのプロモーション、休暇、短期的なセールス(ブラックフライデーなど)、映画の初公開やテレビ番組の初放送などのタイミングを、適切にとらえましょう。

ファーストビューを大きなキャンペーンの中の一部として考えます。可能な場合は、すでに存在する動画素材を活用しましょう。

カンバセーショナル広告動画は、ファーストビューとして効果的です。一般的にこれらの動画にはアクション誘導ボタンやカスタマイズされたハッシュタグが含まれ、ユーザーにオーガニックなリーチを拡大するよう促すからです。

ファーストビューのこれから

動画は今後もさらに没入性を高めていくでしょう。そしてファーストビューはブランドがこれまで以上に訴求力のあるストーリーをTwitter上で展開することを可能にします。たとえば、360度動画を使えば、完全に新しい視野を提供し、より深い、リッチなストーリーを届けることができます。また、ファーストビューを使って、Twitterタイムラインのトップでリアルタイムに動画をストリーミングすることで、ライブイベントをアピールすることもできます。

パート1で、ファーストビューと、成功するためにファーストビューを使っているブランドについて、詳細をお読みください。パート1: ファーストビューで心を掴む — タイムラインとモーメントで独占配信

Twitterでの動画活用をマスターしたいですか?

Flight School

Flight Schoolの「Twitterでの動画活用」コースでは、動画によってキャンペーンの効果を高めるヒントをわずか15分で学習できます。

登録する Arrow Right Icon