コレクション

いま起きていることと「コネクト」する

Twitterは、ブランドがいま最も話題のイベント、モーメントやトレンドの盛り上がりとリアルタイムにつながれる場所です。

ブランド(企業)にとってTwitterの最大の魅力は、リアルタイムの発言の盛り上がりに「コネクト」できることです。

その熱狂に企業が参加し、Twitter利用者の注目を得ることでビジネス的成果をあげることを私たちは「コネクトする」と呼んでいます。 

Twitter利用者は毎日、自分の関心ごとを話題にします。

それは、野球の全国大会のような一大スポーツイベントかもしれませんし、映画の授賞式、好きなアイドルやアニメのキャラクター、または「」のような文化的トピックかもしれません。はたまた、地球温暖化や男女不平等など、深刻な社会問題についてかもしれません。自然災害に関する速報や、流行りのバズネタの可能性もあります。

そして、どのような話題であれ、このような「会話」はカルチャーを形成していくのです。

Twitterはブランドにとって、人々の「会話」に参加することで、いま起きている話題や出来事にコネクトできる場所でもあります。そして、「コネクト」の仕方をうまく工夫することで、売上や認知度の向上につなげることができます。

Twitterが行なった調査によると、消費者が何かを購入する際の意思決定要素として、「消費者とブランドの文化的な関わり」が実に25%も占めているのです。1

Twitterを活用して適切な方法で人々やカルチャーと「コネクト」するブランドは、雑踏を乗り越え、話題性と好感度の両方を生み出すチャンスを得ることができます。

以下に、実際にTwitterを利用してお客様との間に適切なコネクションを確立したクライアントの事例をご紹介します。

出典:
1.MAGNA & Twitter、『The Impact of Culture』、米国、2019年

Twitterから最新のマーケティング事例やインサイトをお届けします。

マーケティングインサイトメールニュースレター登録フォーム

登録すると、Twitterからマーケティングに関わるニュースレターを配信します。ニュースレターはいつでも配信停止可能です。

#TVxTwitter(テレビとTwitter)での同時配信が広告の効果を高める
スポーツライブイベントとTwitter
フルファネルで情報拡散・会話を醸成!「パワプロアプリ」のTwitterキャンペーンが成功した理由
消費者の想いと会話を引き出す仕組み作りで過去最高の売上 エスティ ローダーのTwitter活用に迫る
ロッテ、ミクシィが明かす話題化ノウハウ/カメ止めのヒット支えた、地道なTwitter活用

その他のコレクションを見る

マーケティングトレンドを把握し、深掘りしましょう。Twitterでは、ケーススタディ、Q&A、調査、独自の視点でとらえた情報をトピックごとに厳選して、エンゲージメントの創出、パフォーマンスの向上、結果の測定の各方法をご紹介しています。

詳細